本文へ移動

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

医師 内海聡先生のお話 

2020-07-24
でも、国も本当は分かっているからGO TOも100%やりたかったわけです。
 
 
そのあたりの現在の国の状況をズバリ、医師の内海聡先生が述べておりましたので添付致します。
 
 

珍コロで後遺症が怖いというウソ(とても重要)

シェア拡散希望。

珍コロ怖い詐欺師はどこまでも際限なく、どこまでもウソをつくのが特徴だが、最後にすがりたいウソが後遺症が怖いというウソかもしれない。まず、後遺症プロパガンダの概要を紹介しよう。この辺のデマ記事が分かりやすいが、一般人はすぐにこういうのにひっかかってしまうし、珍コロ怖い詐欺師はどこまでも詐欺師でウソつきなので、医学の初歩も知らずこういうデマを広めようとする。

https://www.asahi.com/articles/ASN7K41JSN7FULBJ005.html

たとえば、珍コロ後に肺疾患では、「肺が硬く(繊維化)」なってしまい、呼吸器障害が残るとするが、これは医学的に言う間質性肺炎や肺線維症のことを指したいのだろう。味覚障害(味がしない)、臭覚障害(匂いがしない)なども後遺症で有名とデマを吐くのだが、これは医学的に言うと神経障害に当たる。だるい、眠気、原因不明などの用語も今後付きまとってくるであろう。

なぜこの話がつまらないプロパガンダであり嘘なのか、ということを考察せねばならないが、もう何十回も説明を繰り返してきたことの延長であり、そこに医学の初歩を加えればよい話である。最も大事な初歩は新型コロナウイルスに限らず、ウイルスというものは肺障害や神経障害をよく起こす、ということである。こんなことは現場で医者を真面目にやっていて、西洋医学理論に疑いを持っていれば誰でも知っている。

免疫科や膠原病科の場合、大学でも原因不明で分類不能タイプの病気を多数みる。その前駆症状としてウイルス感染は頻繁に報告されており、しかし肉眼上の証拠をつかみにくいため、「おそらくウイルス感染が原因であろうが、はっきりと証明できない」という流れになる。内科の医者でカンファレンスに出ていればそんなことは当たり前すぎる。これは風邪ウイルスやインフルエンザウイルスでも多い。

ヘルペスで痛みが出ること知ってた?という嫌味を何回か書いたが、ヘルペスはウイルスであり後遺症を残す。帯状疱疹も同じであり神経障害を残す。味覚障害も臭覚障害も様々なウイルスが普遍的に起こすものである。さらにいうと顔面神経麻痺も最近の医学ではウイルス性疾患と考えられており、突発性難聴もウイルス性疾患と考えられている。神経障害であるが珍コロ怖い詐欺師はバカだから意味不明である。

実はこの理論さえ間違いである。突発性難聴も顔面神経麻痺もウイルス性疾患であれば、インフラが未熟で菌やウイルスが多かった昔の方がこれら疾患が多くないといけないが、現在で増えているのは歴史学的にも矛盾する。私の専門分野の観点から言っても、これらはウイルスの影響というより、代謝障害であり栄養障害であり、毒の影響であり、精神の影響であり、医原病であり薬害である。

これらは一つの原因で絞れないのが難しいところである。ただ、今回の記事において問題の本質はそこではない。あらゆるウイルス疾患において、これらの症状や後遺症と呼ばれるものは普遍的に起こり、御用の医者であっても常にそれを疑いながら日常診療をしている。にもかかわらず、珍コロ詐欺師とそれに踊らされる人々は、コロナの後遺症という言葉を聞くとイチコロになってしまう事こそ本質である。

あらためて珍コロ問題の本質について考えてみてもらいたい。インチキスピや陰謀論の、コロナは存在しないなどというものに浸っても意味はない。人工ウイルスであれ自然ウイルスであれ、うつみんはコロナは普通にあるという前提でしゃべってきた。死亡者数はいないのではなく少ないである。感染者数はいないのではなく数字が狂っているのである。感染者と発症者を分けないから意味がないのである。自粛はウイルスを防げないから意味がないのである。

PCRや抗体検査は元がおかしいからあてにならず使えないのである。死亡数は他のウイルスや疾患を含んでいるから見る価値がないのである。ウイルスは昔から風邪と言われて特効薬などなかったから、珍コロで騒いでも無駄なのである。ワクチンは陰謀論が問題なのではなく免疫の基礎を無視しているから効かないのである。マスクや手洗いは防がないから無駄なのであり、普遍的ウイルスだからする価値がないのである。

だからこそ指定感染症にすることが無意味であり、騒ぐことが無意味であり、リスクマネージメントすることの無意味ささえ訴えてきたわけである。そしてこの半年以上ですべてのことがばれてきた。死亡者数のウソ、死亡率のウソ、感染症者数のウソ、PCR検査や抗体検査のウソ、自粛やロックダウンに効果があるというウソ、三密のウソ、ソーシャルディスタンスのウソ、治療のウソ、死亡診断のウソがあらゆる面でばれてきた。

これらはすべて順番に珍コロ怖い詐欺師が訴えてきて、ネット層を中心にあらゆる面でばれてしまったウソである。そして最後にすがるしかないもの、それが後遺症だ。まるで、ワクチンは効くと言いながら製薬会社や御用学者たちが、あとになってワクチンは防がないけど軽くするとホザクように、ウソがばれると後付けで別のものを持ってこないと、珍コロ怖い詐欺師の本性がばれてしまうのである。

御用学者もジャーナリストも大学教授も自称事情通も、珍コロ怖い詐欺師はいつも同じ行動パターンしか示さない。自分がアホでバカで詐欺師でうそつきでのろまなクズだとばれるのが怖いため、永遠に安いプライドを保持するため嘘をつき続けるのだ。なんどもいうが、珍コロもウイルスなのだから後遺症自体は存在するだろう。しかしあらゆる数字のウソと検査のウソと治療のウソを考慮せずして、その情報には価値はない。

新型コロナに後遺症があっても他のウイルスも同じことを起こすのである。珍コロに世界中が頭を犯されている前提だから、医者もその他も珍コロに後遺症ありきで考えるのである。後遺症が怖いなら流行る風邪でも毎年ロックダウンすべきだった。インフルエンザやアデノウイルスでソーシャルディスタンスを50年前くらい前(メディアが発達しだしたころ)からやるべきだった。去年の夏もおととしの夏も全員マスクをバカみたいにつけていればよかったのである。

これは、いわゆる統計のウソというやつでもある。珍コロまでは膠原病のような症状であっても、ウイルスの影響でなったと統計には出てこなかった。だが医者ほど洗脳しやすいバカはいないので、政府とWHOが珍コロで騒いだら、頭はその前提で統計を作り出していく。前提が変わるから入力数が増え、前提が変わるから研究の思考の前提が変わるのである。これは人類が科学に対するとらえ方を間違っているから起こるともいえる。

SNSもyoutubeもFBもどこまでも珍コロ怖い詐欺師があふれ、それが脱原発とか反政府とか名乗っているのだから、お嗤い以外の何物でもない。リスクマネージメントと言いながら森を見ず、指定感染症にする価値もないクズウイルスに対して、自粛で引き起こされる弊害も、マスクで起こる弊害も、同一管理社会で起こる弊害も、警察型抑圧社会で起こる弊害も、子どもへの教育の弊害も、他の病気の人への弊害も、すべて無視するのが珍コロ怖い詐欺師である。

本当に世も末である。今回のコロナは人の本質というものをまざまざと見せつけてしまった。人間がかくも愚かであり、かくも奴隷であり、奴隷でいながら自分は操り人形ではないと訴える、哀れな人形以下の生物であることを万人が証明した。自然派、脱原発系、陰謀論系、スピ系、反政府系などを装う人々も、すべては目先にとらわれ、恐怖に負けて情報を収集し、自分をガラクタ宝石で着飾りたいだけの奴隷であった。その代表格が珍コロ怖い詐欺師である。

世界を超える人間という生物はこれから超希少種になっていく。

(続)ネオワイズ彗星

2020-07-20
前回の撮影はカメラの標準レンズでしたが、今回は本格的な望遠鏡で臨みました。
尾っぽにダストテイルとイオンテイルの2つが写ることを期待しましたが、イオンテイルは見えないですね。

ネオワイズ彗星

2020-07-18
やっと晴れたのでネオワイズ彗星を撮ってきました。夜8時ごろ北西の空に眼を凝らすと肉眼でも観えます。
実は明け方も見えるというので早起きして写真撮りに行ったのですが明るくて失敗、明け方の好条件の観察は先週まででした。

PCR検査について

2020-07-17
 
徳島大学名誉教授 大橋眞先生のお話は興味深くシェアします。
PCR検査は本来ウイルスの確定診断にはエラーが多く用いるものでないらしい。(開発者がそう発言しているがその方は死亡)
今のCOVID-19のPCR検査キッドも、普通の風邪ウイルス、アデノウイルスのゲノム断片を拾い非特異的に陽性化してしまうとのこと。
東京都では、PCR陽性者が1日100人〜200人(現在4月時の約10倍多い検査者数)の中、現在の陽性率が4月時の5分の1、重症患者数が10分の1であることを考えると、...
どうも大橋名誉教授が言っているように、普通の風邪みたいなウイルスをシラミつぶしにpcr検査で検出しているような気もします。
ですからこのPCR検査をし続ける限りCOVID-19の終息はなく永遠に続くことになります。
政府は冷静に判断しているようですがその説明が足りないですね。
東京から陽性者が100人以上出始めた7月7日からの2週間後7月21日頃も重症化患者がこのまま増えなければ、そんなに恐るウイルスを検出(COVID-19を検出していると限らない)しているのもでは無いものになるのでは?今日が16日なので後5日、注目すべき5日間だと思います。

ウイルスは敵対するものではない

2020-07-12
新型コロナ騒動でウイルスのことを調べていたらテレビで天然痘、牛痘ウイルス撲滅に寄与したウイルス学者、山内一也先生の話を聞き、ウイルスへの認識が一変しました。
「従来の病原体としてのウイルス像はウイルスの真の姿ではなく極めて限られた側面を見たものに過ぎないことが明らかになってきている」と。
人の腸内細菌100兆個にもウイルス10個ぐらいが感染していて腸内だけでも1000兆個のウイルスと共存しているのだそうです。いわゆる善玉ウイルスという立ち位置であるウイルスが沢山いることを初めて知りました。他にも皮膚常在菌のブドウ球菌にも入り込んでいるらしいです
そこで、山内先生の本を読んでみようとネット検索したら、写真下の武村政春先生の本が目に止まり浮気先にポチッてしまいました。
これを読んでまた愕きました。
人間を含め生物はウイルスにより進化した。人のゲノムの半分はウイルス由来、人の胎盤はウイルス由来など、
とにかく身の回りはウイルスだらけで我々はウイルスに囲まれて共存しているとのこと。
また、細菌と同じぐらいの大きさの巨大ウイルスも発見されている。ウイルスは増殖能が無いので無生物扱いが常識であるが、ウイルス学のレジェンド達の考えはそうではなく、今後生物の分類を大きく変えウイルスも特殊な生物として扱われる可能性も示唆されていました。
あまり新型コロナウイルスとは関係無い内容でしたがウイルスとは敵対するものではないと改めて思いました。我々は地球に優しいことをしようと言いますが、地球の視点で考えれば、新型コロナウイルスより人間の方が病原性ウイルスみたいなもんかな?などと考えてしまいます。
 
 
 
 お問い合わせフォームはこちら
TEL. 0234-42-2255
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
原田歯科
〒999-7707
山形県東田川郡庄内町廿六木字三百地20-5
TEL.0234-42-2255
1.■一般歯科(大人・小児)■
2.■歯周病■
3.■口腔外科■
4.■咬合・顎関節症■
5.■ホワイトニング・審美■
2020年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
コメント
  • 土曜日午後休診
  • 13日~15日はお盆休暇になります
TOPへ戻る